伊藤忠、CO2固定化技術普及へ大成建設と協業

  • 印刷
  • 共有
(出所:伊藤忠商事)
(出所:伊藤忠商事)

伊藤忠商事(東京都港区)は8月15日、「CO2固定化技術」を持つ豪州MCi社との取り組みに関して、大成建設(東京都新宿区)と協業すると発表した。今回の協業では、CO2を固定した炭酸カルシウムのコンクリートへの活用を検証する。

MCi社は「CO2固定化技術」を研究・開発するスタートアップ企業。製鉄工程で発生するスラグ等の副産物や火力発電所で生じる石炭灰、その他カルシウムやマグネシウムを含む様々な物質にCO2を固定させ、炭酸塩(炭酸カルシウム、炭酸マグネシウム等)を製造する技術を持つ。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報