クローズアップ・マーケット

発電コスト逆転! 太陽光発電 vs. 原発

  • 印刷
  • 共有
原子力規制委員会は7月16日、九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)について、「新規制基準に適合している」とする審査書案を定例会で了承した。今後、30日間の意見公募などを経て審査書を決定する。
川内1、2号機は、新規制基準をクリアする初の原発となる。これから再稼働に向けた手続きが本格化するが、地元の同意手続きや設備の使用前検査なども必要となるため、再稼働は10月以降になる見通し。


と、言うのが原発再稼働に関するマスコミの報道。産業界などからは、期待する声が高まりつつある。しかし、筆者は、再稼働はもっと先になると考えている。あったとしても、だ。

冷暖房需要最低の時期に再稼働?

そもそも、新基準による再稼働は遅れに遅れている。当初、「昨年中」という期待があった。それが、「この冬(2014年初頭)に間に合うか」となり、「春を過ぎるのでは」→「夏に間に合うか」となり、「10月以降か」という状況となったのだ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報