クローズアップ・マーケット

フィスカー破綻とテスラの急減速

東京モーターショーでは超小型車を中心に電気自動車(EV)の展示に注目が集まっている。大手メーカーによる充電インフラ整備の努力と相まってEV復活の兆しが見えてきた。しかし、アメリカでは、これまでEV市場を牽引してきた新興EVメーカーに大波乱が起こっている。

フィスカー、香港ベースの投資家に身売り

今年4月ごろから実質的に破綻していた、米エコカーベンチャーのフィスカー・オートモーティブが11月22日に米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請。再建計画の一環として、投資グループであるハイブリッドテクノロジーホールディングス(香港ベースの投資家リチャード・リー(李沢楷)氏が支配)への売却が決まった。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報