クローズアップ・マーケット

テスラがスマートエネルギーに乗り出した

昨年7月の買い取り制度導入以来、太陽光発電のブームが続いている。今年の年間導入量は500万kWと予想され、単年度では世界一の座を回復する可能性もでてきた。

その一方で、反発もある。その理由は主として2つ。一つは、発電コストが割高なこと。そして、もう一つが、発電が不安定なことだ。高い発電コストは高い買い取り価格の原因となり、それは、そのまま電力ユーザーの負担となる。また、不安定な電源が増えすぎると安定した電力の供給に支障をきたすようになる。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報