> コラム > ガソリン車並みの航続距離でEV本格普及へ:中古EVにもチャンスあり
クローズアップ・マーケット

ガソリン車並みの航続距離でEV本格普及へ:中古EVにもチャンスあり

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

日産は、今年12月に新型「リーフ」の販売を開始すると発表した。初代「リーフ」が世に出たのは2010年12月。それから7年でフルモデルチェンジする日産の電気自動車(EV)にかける意気込みが感じられる。ヨーロッパ勢や日本のトヨタもEV開発に注力し始めた。

航続距離300km以上で普及加速化!

新型「リーフ」の最大の売りは航続距離の長さ。60kWhという大容量バッテリーの採用により、カタログ上の航続距離が現行モデルの2倍近い550km(JC08モード)になる。

(※全文:1463文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

クローズアップ・マーケット バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.