クローズアップ・マーケット

ガソリン車並みの航続距離でEV本格普及へ:中古EVにもチャンスあり

日産は、今年12月に新型「リーフ」の販売を開始すると発表した。初代「リーフ」が世に出たのは2010年12月。それから7年でフルモデルチェンジする日産の電気自動車(EV)にかける意気込みが感じられる。ヨーロッパ勢や日本のトヨタもEV開発に注力し始めた。

航続距離300km以上で普及加速化!

新型「リーフ」の最大の売りは航続距離の長さ。60kWhという大容量バッテリーの採用により、カタログ上の航続距離が現行モデルの2倍近い550km(JC08モード)になる。第45回東京モーターショー(2017年10月27日(金)~11月5日(日))にて量産モデルを公開する予定というから楽しみだ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報