> コラム > 太陽光発電は電力比率30%を目指す:鍵握る蓄電池
クローズアップ・マーケット

太陽光発電は電力比率30%を目指す:鍵握る蓄電池

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

2015年12月に採択された「パリ協定」では、「今世紀後半にCO2などの温室効果ガスの排出を実質ゼロにする」というビジョンを示した。地球温暖化の深刻さを考えると「当然」と思う反面、現実に目を向けると「そんなことが可能なのか」とも思わざるを得ない。

2050年に発電比率30%を目指せ!

我々は日々、CO2を撒き散らしながら生活している。身近なところではガスコンロや石油ストーブ、それから車だ。電気は使用現場ではクリーンだが、発電所で石炭やガスを燃やして多量のCO2を吐き出している。

(※全文:2170文字 画像:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

クローズアップ・マーケット バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.