クローズアップ・マーケット

太陽光発電は電力比率30%を目指す:鍵握る蓄電池

2015年12月に採択された「パリ協定」では、「今世紀後半にCO2などの温室効果ガスの排出を実質ゼロにする」というビジョンを示した。地球温暖化の深刻さを考えると「当然」と思う反面、現実に目を向けると「そんなことが可能なのか」とも思わざるを得ない。

2050年に発電比率30%を目指せ!

我々は日々、CO2を撒き散らしながら生活している。身近なところではガスコンロや石油ストーブ、それから車だ。電気は使用現場ではクリーンだが、発電所で石炭やガスを燃やして多量のCO2を吐き出している。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報