クローズアップ・マーケット

派手さはないが堅調な住宅用太陽光発電

  • 印刷
  • 共有

2012年7月から始まった再生可能エネルギーの買い取り制度は、大きな成果を上げている。2013年2月末時点での認定取得容量は1306万kW。その内、太陽光発電が1226で94%を占める。

メガソーラー実稼働4%

太陽光発電1226万kWの内訳は、住宅用が124.6万kWで残りの1101.2万kWが業務用だ。実際のサイズは10kW~数十MWと幅広いが、一般的な言い方をすれば「メガソーラー」である。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報