クローズアップ・マーケット

太陽光ブームに立ちふさがる2つの「2015年問題」

日本の太陽光発電は、普及所期の2005年ごろまでは世界一だったのだが、その後補助金制度を停止したことなどもあり、伸び悩んだ。対照的に、ドイツなどのヨーロッパ勢が固定価格買い取り制度の導入などで世界市場を引っ張った。

そのため、日本は世界から大きく取り残されることとなった。累計導入容量では2005年に日本は世界の26.3%を占めていたのに対し、2012年には6.9%まで低下した。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報