クローズアップ・マーケット

チベット高原に出現した桁外れのメガソーラー

  • 印刷
  • 共有

世界の果てに来たつもりだったが間違いだった。こここそが世界の中心。中国西部青海省ゴルムド市。西安から北西に1200kmのチベット高原にある。ここに590MWという巨大なソーラー発電所がある。この周辺には他にも巨大メガソーラーがあり地域全体では何と3GWに上る。太陽光発電では間違いなく世界の中心だ。

中国青海省ゴルもド市の590MWソーラー発電所 正にソーラーパネルの海
中国青海省ゴルムド市の590MWソーラー発電所
正にソーラーパネルの海
出所:筆者撮影

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報