> コラム > パワコンウォーズ本番:ファーウェイ旋風世界を駆ける
クローズアップ・マーケット

パワコンウォーズ本番:ファーウェイ旋風世界を駆ける

村沢 義久

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

筆者は、本稿2013年3月25日号で、「パネルの次はパワコンウオーズ」というタイトルの記事を発表した。太陽光発電価格のさらなる低下のためには、パネルだけではなく、パワコンのコスト削減が必須であり、その主役になるのは外国勢だ、という主旨。現在、その「戦争」が世界的規模で猛威を振るっている。

彗星のごとく

パワコンウォーズの主役は、中国のHuawei(ファーウェイ)。2015年の世界市場で10GW以上出荷し、数量ベースでシェア1位になった。世界2位も中国のSungrow(サングロー)。前年まで世界一だったドイツのSMAは3位に落ちている(ただし、金額ベースでは1位)。

(※全文:1789文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

クローズアップ・マーケット バックナンバー

この記事の著者

村沢 義久
村沢 義久
合同会社 Xパワー代表、環境経営コンサルタント
東京大学工学修士。スタンフォード大学MBA。経営コンサルティング会社日本代表、ゴールドマンサックス証券バイスプレジデント(M&A担当)などを歴任の後、2005年から10年まで東京大学特任教授。10年から13年まで同大学総長室アドバイザー。13年から16年3月まで立命館大学大学院客員教授。現在の活動の中心は太陽光発電と電気自動車の推進。
記事を保存

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.