クローズアップ・マーケット

パワコンウォーズ本番:ファーウェイ旋風世界を駆ける

  • 印刷
  • 共有

筆者は、本稿2013年3月25日号で、「パネルの次はパワコンウオーズ」というタイトルの記事を発表した。太陽光発電価格のさらなる低下のためには、パネルだけではなく、パワコンのコスト削減が必須であり、その主役になるのは外国勢だ、という主旨。現在、その「戦争」が世界的規模で猛威を振るっている。

彗星のごとく

パワコンウォーズの主役は、中国のHuawei(ファーウェイ)。2015年の世界市場で10GW以上出荷し、数量ベースでシェア1位になった。世界2位も中国のSungrow(サングロー)。前年まで世界一だったドイツのSMAは3位に落ちている(ただし、金額ベースでは1位)。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報