> コラム > ちょっと水を差された新型「リーフ」と「モデル3」のデビュー
クローズアップ・マーケット

ちょっと水を差された新型「リーフ」と「モデル3」のデビュー

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

筆者は、2050年までには、少なくとも主要国においては全ての車が電気自動車(EV)になっていると考えている。しかし、2009年の「i-MiEV」発売とともに始まったEV時代は、これまでのところ低調だった。今、日米のリーダー2社が新車を発売し、EV本格普及に火をつけ始めている。

新型「リーフ」vs.「モデル3」

日本では日産が10月2日に新型「リーフ」を発売した。バッテリー容量は40kWhで航続距離はカタログ上400km。旧モデル(バッテリー30kWhバージョン)より40%アップしている。

(※全文:1566文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

クローズアップ・マーケット バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.