クローズアップ・マーケット

ソーラーシェアリングで一石三鳥! 成功の鍵は農業の継続

  • 印刷
  • 共有

ソーラーシェアリングは「営農型太陽光発電」と呼ばれることもあるが、筆者は「農電併業」と呼んでいる。一番の課題は農業を継続することの難しさ。

一時転用は期間限定(3年間)

筆者が特に重視しているのが、耕作放棄地の活用。そのうち、すぐに転用が可能なものについては、そのまま通常型の太陽光発電を設置すれば良い。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報