> コラム > 雪崩打つEV化の大波―中小企業にチャンスあり
クローズアップ・マーケット

雪崩打つEV化の大波―中小企業にチャンスあり

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

9月6日、日産が予告通り新型「リーフ」のスペックを発表した。実際の発売は10月2日になるという。しかし、筆者にとってはそれよりはるかに重要な出来事が同じ日にあった。メッサーシュミットEVの納車である。場所は仙台空港のすぐ南。NHKの「ニュースシブ5時」で生放送されたほか、地元テレビの定時ニュースでも報道された。

メッサーシュミットEV

ベースになった車はメッサーシュミット「KR200」。納車先は、仙台バス株式会社(宮城県岩沼市、代表取締役 猪股 正之)。仙台空港近くに拠点を置き、臨空循環路線バスや貸切バスを運行する会社だ。

(※全文:1801文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

クローズアップ・マーケット バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.