クローズアップ・マーケット

原発20~22%は高すぎ、再エネ22~24%は低すぎる

経済産業省は4月28日、2030年のエネルギーミックス(電源構成)について、原子力を20~22%、再生可能エネルギーを22~24%とする案を発表した。

しかし、この案は、原発については(一応)震災前より低減させ、その一方、再エネについては、震災前の2倍以上となるように見せる「演出」によるものだ。一言で言うと、原発については、高すぎて実現不可能。再エネについては、世界の水準を大きく下回るもので、どちらも非現実的である。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報