クローズアップ・マーケット

伸び悩むEV市場と三菱の変調

  • 印刷
  • 共有

2009年7月、三菱から日本初の量産型電気自動車(EV)「i-MiEV」が発売され、日本の自動車産業の電動化が始まった。翌2010年12月には日産から普通車サイズの「リーフ」が発売され、EV時代の幕開けに期待が高まった。

「i-MiEV」発売以来4年弱。三菱からは、商用車タイプの「MINICAB-MiEV」(ミニキャブ・ミーブ)も発売されたが、EVの年間売り上げの伸びは期待を裏切るものだ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報