クローズアップ・マーケット

東京モーターショーで見たパーソナルモビリティの可能性

  • 印刷
  • 共有

東京モーターショー2013。前2回(2009、2011)と比較して活気があるように感じた。エコカー特に電気自動車(EV)が復権している。注目を集めたのは超小型モビリティ。トヨタの「COMS」、「i-ROAD」、ホンダ「MC-β」、日産の「NISSAN New Mobility などが展示されていた。国土交通省が提唱する「原付以上・軽自動車未満」の二人乗りのEV達だ。

ホンダMC-β

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報