クローズアップ・マーケット

EVの充電時間短縮に挑む ― その2.バッテリー交換方式に再挑戦

  • 印刷
  • 共有

今年2月、川崎市は、EVごみ収集車の運用を開始した。ごみの焼却による発電でバッテリーを充電し、収集車に搭載する。最大の特徴は、バッテリーが着脱式になっていて、使用後は充電済みのものと交換できる仕組みになっていること。

ステーションを見学

筆者は、EVへの給電方法の切り札はバッテリー交換方式であると考えているので、この車には非常に興味を持っている。そこで、2月12日、浮島処理センター(川崎区浮島町)に設置された専用の電池ステーションを見学した。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報