> コラム > 本番を迎えた太陽光発電:FIT終了を機に自産自消へ
クローズアップ・マーケット

本番を迎えた太陽光発電:FIT終了を機に自産自消へ

2014年度、太陽光発電(業務用)による電力の買取価格は14円/kWhまで下がっている。当初の40円に対して3分の1強のレベルだ。「もう無理」という業者が増えるなかで、筆者周辺ではなんとか対応している。資材の価格低下のおかげで初期コストも同じぐらい下がっているし、それでも不足する分は過積載などで補っている。しかし、最近になって、固定価格買取制度(FIT)自体が終了するという話が出てきた。代わってFIP制度を導入するかも知れないという。

FITからFIPへ?

経産省は2019年6月10日、「再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会」を開催し、FIT制度の抜本的な見直しに関し、今後の方向性を示した。そのなかで出てきたのがFIP(Feed-in Premium(フィード・イン・プレミアム)制度。

FIT制度では、あらかじめ決められた価格で電力会社が買い取る義務を負う。対するFIPの場合は、発電事業者は電気を市場で売るというのが大原則。ただし、当面は市場価格そのままでは利益の確保が難しいため、事業者は、プレミアム分(割増金)を受け取ることになる。すでに、ドイツなど導入実績がある。

FIP制度が話題になるのは今回が初めてではない。2015年に「改正FIT」を検討する...

(※全文:2307文字 画像:あり)

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.