> コラム > モビリティ革命本番:主役の座に忍び寄るソフトバンク
クローズアップ・マーケット

モビリティ革命本番:主役の座に忍び寄るソフトバンク

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

今年5月30日、ソフトバンクグループの投資ファンドであるビジョンファンドによるGMクルーズホールディングス(以下クルーズ)への出資が発表された。クルーズは、2013年に設立された自動運転のベンチャー企業で、2016年にGMによって買収されその一部門となった。有力ファンドによる出資はGMの自動運転戦略の将来性を担保するものとみなされ、翌5月31日のGM株は前日比12.9%の大幅高となった。

(※全文:1732文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

クローズアップ・マーケット バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.