> コラム > 太陽光ブームが促す産業構造の逆転 ~ 地方と中小企業にチャンス
クローズアップ・マーケット

太陽光ブームが促す産業構造の逆転 ~ 地方と中小企業にチャンス

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

過去数年間にわたる太陽光ブーム。一部では過熱や「偏り」に対する批判の声もあるが、このブームが社会に対して大きな貢献をしてきたことは間違いない。2014年末時点での累計導入容量2000万kW弱(推定)。年間発電量は200億kWhに上り、日本の総電力需要の2%を賄うまでになった。

貢献はそれだけではない。産業構造を大きく変えているのだ。それは、大から小へ、中央から地方への主役の交代である。

動かぬ原発

日本の原発は2013年9月から稼働ゼロの状態が続いている。現在、再稼働に向けて「先頭を切っている」はずの、九州電力川内(せんだい)原発もなかなか動かない。最新の見通しでは、1号機の再稼働は今夏以降になり、2号機はさらに遅れるようだ。

(※全文:2,368文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

クローズアップ・マーケット バックナンバー

この記事の著者

村沢 義久(むらさわ・よしひさ)

合同会社 Xパワー代表、環境経営コンサルタント

東京大学工学修士。スタンフォード大学MBA。経営コンサルティング会社日本代表、ゴールドマンサックス証券バイスプレジデント(M&A担当)などを歴任の後、2005年から10年まで東京大学特任教授。10年から13年まで同大学総長室アドバイザー。13年から16年3月まで立命館大学大学院客員教授。現在の活動の中心は太陽光発電と電気自動車の推進。

記事を保存

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.