クローズアップ・マーケット

太陽光ブームが促す産業構造の逆転 ~ 地方と中小企業にチャンス

過去数年間にわたる太陽光ブーム。一部では過熱や「偏り」に対する批判の声もあるが、このブームが社会に対して大きな貢献をしてきたことは間違いない。2014年末時点での累計導入容量2000万kW弱(推定)。年間発電量は200億kWhに上り、日本の総電力需要の2%を賄うまでになった。

貢献はそれだけではない。産業構造を大きく変えているのだ。それは、大から小へ、中央から地方への主役の交代である。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報