クローズアップ・マーケット

電動バイクはEV普及の尖兵になれるか?

ハーレーが電動バイクの試作車を発表

大型バイクで知られるハーレーダビッドソンは、2014年6月、電動バイクの試作車「LiveWire(ライブワイヤー)」を発表した。環境意識の高い若者など新しい顧客層の開拓に向けた取り組みの一環。

さすがハーレー。性能は半端ではない。4秒以内で時速約100キロに到達する。映像を見ただけだが、「戦闘機のような」と形容される独特のモーター音がすごい。ブラシレスモーターが高回転した時の音だ。リチウムイオン電池搭載で、1回の充電による走行距離は100マイル(約160キロ)程度という。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報