クローズアップ・マーケット

ガソリン車の低燃費競争にエール!

筆者は、究極のエコカーは「電動車」だと考えている。その中で、2015年に本格導入されるという燃料電池車については、本稿2014年6月9日号でもコメントしたように、水素充填インフラの整備に難があり、本格普及にはほど遠い状況だ。

だから、中長期的には、バッテリー使用のEV(電気自動車)が本命となるのだが、足元ではあまり売れていない。ここでも、普及の阻害要因はインフラ不足だ。水素スタンドに比べれば、2ケタも多いがそれでも急速充電拠点が不足している。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報