クローズアップ・マーケット

太陽光発電に関するいくつかの「誤解」

太陽光発電のブームがピークを迎えている。今年の年間新規導入量は500万kWと予想され、他の業界から参入していきなり売り上げ数倍という企業はざらだ。筆者の周囲には「過去1年間1日も休んだことはない」という関係者は少なくない。筆者自身も、現地調査、施設見学、地主さんたちとの交渉などで全国を飛び回っている。

最近は、ゴルフ場などの広い土地の供給が増え、10MW以上の「超メガソーラー」が増えている。その一方で、50kW以下の「アンダー50」も件数の上では急増している。個人でも何とか手が届く価格帯が一番の魅力である。諸外国に比較して高い買い取り価格と、優遇税制の賜物だが、業者によるコスト削減努力も見逃せない。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報