クローズアップ・マーケット

逆潮流解禁で接続問題は本当に解決するか

  • 印刷
  • 共有

以前(2013年4月22日5月6日掲載号)、 メガソーラー普及に立ちふさがる接続問題について報告した。太陽光発電所を建設しようとしても、電力会社の系統に接続できない、という事態が全国で急増したのである。

「接続できない」という事態に関して、電力会社があげた理由は、簡単に言ってしまえば、太陽光などによる発電量が、変電所における受電能力を超えるから、というものである。受電能力を超えてしまうと「バンク逆潮流」が起こり、電力の安定的な供給に支障をきたすため、そのような事態は法律で制限されていたのである。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報