> コラム > 逆潮流解禁で接続問題は本当に解決するか
クローズアップ・マーケット

逆潮流解禁で接続問題は本当に解決するか

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

以前(2013年4月22日5月6日掲載号)、 メガソーラー普及に立ちふさがる接続問題について報告した。太陽光発電所を建設しようとしても、電力会社の系統に接続できない、という事態が全国で急増したのである。

「接続できない」という事態に関して、電力会社があげた理由は、簡単に言ってしまえば、太陽光などによる発電量が、変電所における受電能力を超えるから、というものである。受電能力を超えてしまうと「バンク逆潮流」が起こり、電力の安定的な供給に支障をきたすため、そのような事態は法律で制限されていたのである。

(※全文:1949文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

クローズアップ・マーケット バックナンバー

この記事の著者

 印刷 記事を保存

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.