クローズアップ・マーケット

ZEHは新段階へ!

ZEH(ゼッチ:Net Zero Energy House)が当たり前の世の中になってきた。外皮(外壁)の高断熱化及びエネルギー効率の高い機器の導入による「省エネ」と再生可能エネルギー設備による「創エネ」の組み合わせにより、年間の正味一次エネルギー消費量がゼロまたはマイナスの住宅のこと。政府は、「2020年までにZEHを標準的な新築住宅とする」という方針を表明している。

集合住宅もZEH化へ!

積水ハウスは、2013年からZEHである「グリーンファースト ゼロ」の販売を開始しており、2016年度には新築戸建住宅のZEH比率74%、累積28,195棟を達成している。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報