> コラム > 太陽光発電は選別と淘汰の時代へ~買い取り制度改正で経営力が試される~
クローズアップ・マーケット

太陽光発電は選別と淘汰の時代へ~買い取り制度改正で経営力が試される~

経済産業省は、1月22日、発電事業者に対する新たな出力制御ルールや固定価格買取制度(FIT)の運用見直しを盛り込んだ、改正省令・関連告示を公布した。施行は1月26日(月)。省令の一部については、2月15日(日)に施行する。本稿、2015年1月5日号でも指摘した通り、筆者が一番懸念しているのは、新たな出力制御ルールだ。

360時間出力制御は乱暴

これまで、500kW以上の太陽光発電風力発電に義務づけていた出力制御について、500kW未満の太陽光発電・風力発電にも拡大するとともに、これまでの日数単位(年間30日)から時間単位(太陽光年間360時間、風力年間720時間)で行う新しいシステムに移行する。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 89 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.