クローズアップ・マーケット

太陽光発電は選別と淘汰の時代へ~買い取り制度改正で経営力が試される~

経済産業省は、1月22日、発電事業者に対する新たな出力制御ルールや固定価格買取制度(FIT)の運用見直しを盛り込んだ、改正省令・関連告示を公布した。施行は1月26日(月)。省令の一部については、2月15日(日)に施行する。本稿、2015年1月5日号でも指摘した通り、筆者が一番懸念しているのは、新たな出力制御ルールだ。

360時間出力制御は乱暴

これまで、500kW以上の太陽光発電風力発電に義務づけていた出力制御について、500kW未満の太陽光発電・風力発電にも拡大するとともに、これまでの日数単位(年間30日)から時間単位(太陽光年間360時間、風力年間720時間)で行う新しいシステムに移行する。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報