クローズアップ・マーケット

ソーラーシェアリングで日本の農業を再生する

国土が狭く山が多い日本。買い取り制度開始3年目に入ったところで早くも太陽光発電に適した用地の不足が目立ち始めた。山裾なども使われているが、造成に時間と費用がかかり、採算に乗せるのが難しい。

ところが、フラットでほとんど造成の必要がない土地がある。それが農地だ。とは言え、農地の転用には様々な制限があり容易ではない。ならば、農業を継続しつつ同時に太陽光発電をやってみてはどうか。それがソーラーシェアリングの考え方である。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報