> コラム > ソーラーシェアリングで日本の農業を再生する
クローズアップ・マーケット

ソーラーシェアリングで日本の農業を再生する

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

国土が狭く山が多い日本。買い取り制度開始3年目に入ったところで早くも太陽光発電に適した用地の不足が目立ち始めた。山裾なども使われているが、造成に時間と費用がかかり、採算に乗せるのが難しい。

ところが、フラットでほとんど造成の必要がない土地がある。それが農地だ。とは言え、農地の転用には様々な制限があり容易ではない。ならば、農業を継続しつつ同時に太陽光発電をやってみてはどうか。それがソーラーシェアリングの考え方である。

農業と発電のハイブリッド化

2013年3月末、農水省から、農地の「一時転用」によるソーラーシェアリングのガイドラインが示された。それ以来、多くの農家や業者から全国の農業委員会に申請が出され、まだ少ないながら実施例が出始めた。

(※全文:2,302文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

クローズアップ・マーケット バックナンバー

この記事の著者

村沢 義久(むらさわ・よしひさ)

合同会社 Xパワー代表、環境経営コンサルタント

東京大学工学修士。スタンフォード大学MBA。経営コンサルティング会社日本代表、ゴールドマンサックス証券バイスプレジデント(M&A担当)などを歴任の後、2005年から10年まで東京大学特任教授。10年から13年まで同大学総長室アドバイザー。13年から16年3月まで立命館大学大学院客員教授。現在の活動の中心は太陽光発電と電気自動車の推進。

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.