クローズアップ・マーケット

水素ガラパゴス戦略から撤退

経産省は2019年3月12日、新たな「水素・燃料電池戦略ロードマップ」を公表した。燃料電池車(FCV)については、ハイブリッド車(HV)との価格差を、現在の300万円前後から2025年頃には70万円程度まで引き下げることを目指すとしている。しかし、そのころまでには世界の新車販売は純粋EVが主流になっていてFCVの出番はない。いつまで、ガラパゴス戦略をつづけるつもりなのか。

遅すぎ、少なすぎ、高すぎる

「遅すぎる、少なすぎる(Too late、 too little)」とは、1991年の湾岸戦争当時、日本の貢献不足に対しての参戦国からの批判であったが、現在の日本の水素戦略についてもそのまま当てはまる。水素戦略の当事者たちは、「長期戦略」のつもりかも知れないが、あまりにも悠長だ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報