> コラム > 太陽光発電は蓄電池併用時代へ:過積載向けも登場
クローズアップ・マーケット

太陽光発電は蓄電池併用時代へ:過積載向けも登場

本稿2017年8月7日号で、太陽光発電はこれからが本番で、さらなる普及の鍵は蓄電池だという話をした。これは未来の話ではなく、具体的な動きはすでに始まっている。

過積載の威力

太陽光関連事業を手掛けるA‐style(埼玉県川口市)は、低圧太陽光発電所(連系出力50kW未満)向けの蓄電池システム「eCHARGE(イーチャージ)」を製品化し、本格販売を開始した。

狙いが面白い。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 91 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.