クローズアップ・マーケット

環境後進国日本?!

  • 印刷
  • 共有

今年11月6日から18日まで、第23回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP23)が開催された。今回一番目立ったのは、アメリカのパリ協定離脱表明の影響だが、批判の矛先は日本にも向けられた。理由は、CO2の排出の多い石炭火力発電。日本に対しては、『石炭火力推進国』として厳しい目が向けられた。

先行するヨーロッパ

この例を見るまでもなく、日本は、すでに「環境後進国」への道を歩み始めている。筆者が太陽光発電と共に推進する電気自動車(EV)の普及においても徐々に遅れが目立ち始めている。というより、環境先進国の素早い動きについて行けていないのだ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報