クローズアップ・マーケット

EVの充電時間短縮に挑む ― その1.超急速充電器の開発が進むが

  • 印刷
  • 共有

小型モーター世界一の日本電産が電気自動車(EV)用超急速充電に乗り出す。2018年6月5日、イタリアの子会社である日本電産ASI(NASI)が、ウルトラファストチャージャー(UFC:超急速充電システム)を開発したと発表。15分以下でEVのバッテリーを80%まで充電できるという画期的なものだ。

現在の「急速充電」は遅速

なぜ、「超急速」が必要なのか。現在のチャデモ方式の急速充電システムで大容量電池を搭載した最近のEVを充電しようとすると、80%充電するのに40分程度かかる。ガソリンの給油と比較すると「急速」どころか「超遅速」だ。それが、日本電産の「UFC」では、15分以下でできるのだから3倍近く速くなるわけだ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報