クローズアップ・マーケット

環境ビジネスにも見える日本企業の翳り

  • 印刷
  • 共有

パネル・パワコン敗戦記

JPEA(太陽光発電協会)発表の「日本における太陽電池出荷統計」によると、2016年度第3四半期(2016年10~12月)の国内出荷量において、外国メーカー製対国内メーカー製の比率が46%対54%となった。第2四半期(43%対57%)と比較して、外国メーカー製は3ポイント増えており、今後は外国メーカー主導の傾向が加速するだろう。

外国勢の台頭はパネルだけではない。パワコンでも中国製、台湾製の伸長が目立っている。特に注目すべきは世界市場で2年連続で首位に立ったファーウェイ(中国)。日本市場における出荷量は、2015年の350MWから2016年には3倍増の1GW超に急進し、国内トップ3に躍進している。ファーウェイの世界市場における2016年の出荷量は、2015年(10.5GW)比2倍増の20.2GWであった。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報