クローズアップ・マーケット

中国の次はインド

  • 印刷
  • 共有

21世紀後半は中国中心の世界になる。それは間違いないが、もう一つ忘れてはならない重要な国がある。それがインド。筆者は、3月末にインドに行くことになっている。9年ぶりになるのだが、ある知人は「3年ぶりにインドに行ったが全く別の国になったいた」と言い、別の知人は「3ヶ月で様変わりしている」という。

2050年は「人口序列」の時代に

筆者がインドに行くのはある日本の大学とインドの大学の提携のため。日本で行われた予備会議の際、インドの大学の担当者に「いつごろGDPで日本を抜くのか」と聞いてみたところ、「そんなことを考えているインド人はいない」との答。謙虚なのではない。「GDP世界一をすでに想定している」ということだ。目標はアメリカ、中国であり、日本は意識していないということか。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報