クローズアップ・マーケット

2018年:EVシフトが強烈に見え始める年

  • 印刷
  • 共有

2017年は自動車産業にとって「100年に一度の大変革」の始まりの年だった。各国政府が2025~2040年までに内燃機関車の新車販売を禁止する方針を発表。世界の電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド車(PHV)の販売台数が初めて100万台を超え、普及台数が300万台を突破した。2018年はそれが目に見え始める年となる。キーワードは中国とテスラ。

電動車の販売台数200万台へ

各種調査によると、2018年5月までの電動車(EV、PHV)の世界の登録台数は前年同期比で70%以上増加している。このまま行けば、年間を通じての販売台数は200万台を突破するだろう。世界の新車の販売台数が約1億台だから、電動車の占める比率は2%となる。新しい製品や技術が本格的に普及し始めるタイミングだ。また、累計販売台数では500万台に達する。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報