> コラム > 2018年:EVシフトが強烈に見え始める年
クローズアップ・マーケット

2018年:EVシフトが強烈に見え始める年

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

2017年は自動車産業にとって「100年に一度の大変革」の始まりの年だった。各国政府が2025~2040年までに内燃機関車の新車販売を禁止する方針を発表。世界の電気自動車(EV)及びプラグインハイブリッド車(PHV)の販売台数が初めて100万台を超え、普及台数が300万台を突破した。2018年はそれが目に見え始める年となる。キーワードは中国とテスラ。

(※全文:304文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.