クローズアップ・マーケット

メガソーラー普及に立ちふさがる「系統拒否」の壁(1)

  • 印刷
  • 共有

「再生エネ固定価格買い取り制度:検証/中 送電網、相次ぐ接続拒否」。これは毎日新聞2013年4月12日号(朝刊)の見出しである。この記事の中で、九州電力による「接続拒否」の現状についてある業者が訴えた。「金額は言い値。断る理由も勝手。接続できるかは電力会社の気持ち一つだ」。

この訴えに対して九州電力が「反論」を試みているが、「必要な工事の内容や期間、及び必要な工事費をご負担いただくなどの手続き等について説明し、協議をおこなったうえで公平に対応しております」という、何とも抽象的な内容で、反論はおろか説明にもなっていない。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報