クローズアップ・マーケット

三人寄れば「もんじゅ」の愚

政府は9月21日、原子力関係の閣僚会議を開き、高速増殖炉「もんじゅ」について、年末までに廃炉を含む抜本的な見直しをすることで合意した。1995年の稼働から21年。事故とトラブル続きで実際に稼働したのはわずか250日。全く動かなくても年間維持費が200億円もかかるという。もっと早く決断するべきだった。

高速増殖炉「もんじゅ」
高速増殖炉「もんじゅ」写真出所:日本原子力研究開発機構

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報