> コラム > 上海モーターショーで感じた日本自動車産業の憂鬱
クローズアップ・マーケット

上海モーターショーで感じた日本自動車産業の憂鬱

前回(2019年05月07日号掲載「上海モーターショー:新スターNIOと着実なBYD」)で、NIO(蔚来「ウェイライ」)、BYD、BAIC(北京汽車)など中国勢の圧倒的なパワーについて報告した。EV化の大津波が迫るなか、彼らと対照的に、日本メーカーの勢いのなさは悲しいばかりだ。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 94 %

クローズアップ・マーケット バックナンバー

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.