クローズアップ・マーケット

茶に続く落花生 ソーラーシェアリング本番

  • 印刷
  • 共有

静岡で茶畑ソーラーがブームになりつつある。菊川市等での成功例を受けて、実施を希望する茶農家が急増している。県内では、他にも、静岡市葵区、榛原郡川根本町等での実施例が報告されている。

茶は静岡名産だが、千葉県でも特産品である落花生栽培でのソーラーシェアリングが始まっていて、山武市、市原市、大網白里市、八千代市などでの実施例が報告されている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報