クローズアップ・マーケット

自動運転の前に警報装置を

自動車の2大問題と言えば、交通事故と環境汚染。筆者は、環境問題解決の鍵は電気自動車(EV)であると考えているので、ガソリン車のEVへの改造などを推進している。一方、安全面で重要になりつつあるのが「自動運転」。

「半自動運転」はちょっと怖い!?

2016年は「半自動運転元年」だったらしい。トップバッターは天才経営者イーロン・マスク氏率いるテスラ・モーターズ。1月に、同社のEV「モデルS」を対象に「オートパイロット」「オートレーンチェンジ」を利用可能にするソフトを配信した。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報