クローズアップ・マーケット

ソーラーシェアリング普及のために「20年転用」を

  • 印刷
  • 共有

前号(2013年9月9日号)で太陽光発電推進のためには、スペース探しが最重要であり、農地と山林の活用が必要と説いた。農地活用の一つの突破口として期待されているのが「一時転用」によるソーラーシェアリングである。しかし、大きな効果が期待されるにもかかわらず、現状ではその実施は容易ではなく、本格普及のためには改善が必要だ。

敢えて二兎を追う

農地で農業を営みつつ、頭上にパネルを張り巡らして、同時に太陽光発電を行う。これが、「ソーラーシェアリング」あるいは「営農型太陽光発電」と呼ばれる事業形態であり、筆者は、「農電併業」という表現を提唱している。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報