クローズアップ・マーケット

2019年度買取価格14円:太陽光がもっとも安価な電源に

太陽光発電の2019年度の買取価格が14円/kWhに決定した。初年度(2012年度)の買取価格が決まる前、筆者は複数の取引先事業者からの情報をもとに、32円ではきついが36円ならいける、と考えていたのだが、実際には40円という高値になった。8年目に14円になって「この先は難しい」という声が聞こえてくるが、工夫次第で十分利益を出せる。国際基準からみるとまだまだ高いのだから。

これからが本番!

買取価格が高い間は誰でも、特段努力しなくても利益を上げられた。しかし、30円を切ってから脱落企業が相次いだ。14円になると、それなりの努力と工夫をしないと生き残るのは難しい。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報