クローズアップ・マーケット

パネルの次はパワコンウオーズ

筆者は、2012年12月、北京で行われたシンポジウムで太陽光発電に関して講演し、日本の年間導入量は間もなく500万kWに達し、ピーク時には1000万kWとなり、世界最大の市場になると言った。

それに対して、会場から質問があった。「日本市場は閉鎖的だから外国勢にはチャンスはないのではないか」。確かに以前はそうだった。パネルに関しては、2008年には外国メーカーのシェアは1%にも満たなかった。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報