クローズアップ・マーケット

言葉は踊る:展望なきエネルギー基本計画政府案

  • 印刷
  • 共有

政府は2月25日、原発を「重要なベースロード電源」と位置づけるエネルギー基本計画の政府案を決め、安全が確認された原発は活用していく姿勢を改めて示した。与党での議論を経て、3月中の閣議決定を目指すという。

一方、太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーについて政府案は「2013年から3年程度、導入を最大限加速していき、その後も積極的に推進していく」と明記した。経産相は「(再生可能エネルギーを)しっかりと推進していく方針を明確に示した」と語った。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報