クローズアップ・マーケット

中国の巨大ソーラーシェアリングを見学

  • 印刷
  • 共有

中国深セン市中心部から北東へ約70km、恵州市のはずれにある出力50MWの巨大なソーラーシェアリング施設を見学した。2018年1月下旬に、パワコン世界一のファーウェイ(華為技術)社の方々に案内していただいたもの。筆者は電気自動車(EV)と太陽光発電の普及をライフワークとしているが、中国はその両方でダントツ世界一。やることが桁違いだ。

広い中国でも発電用地確保に苦労

中国北西部には高原や砂漠が広がっていて、数100MWクラスの巨大ギガソーラーが多数設置されている。筆者は2015年11月、やはりファーウェイ社の担当の方々の案内で青海省ゴルムドにある500MW施設を見学している。また、寧夏回族自治区には2GWという世界最大の発電施設がある。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報