クローズアップ・マーケット

2015年はFCV元年になるか?

  • 印刷
  • 共有

ガソリンスタンド併設型水素ステーション解禁

JX日鉱日石エネルギーは、2013年4月19日、日本で初めてガソリン計量機と水素充填機を並列設置した水素供給拠点をオープンした。「海老名中央水素ステーション」で、ENEOSサービスステーション Dr. Drive海老名中央店(運営店:株式会社JOMOネット)内にある。

燃料電池車(FCV)向け水素ステーションについては、この時点までに13カ所が設置済みであったが、ガソリンスタンドに併設する形は日本で初めてのもの。これで、これまでFCV普及の最大のネックとされてきた、水素充填ステーション不足の解消に道が開けると期待されている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報