クローズアップ・マーケット

2016年の太陽光発電:電力自由化を生かせるか?

  • 印刷
  • 共有

太陽光発電協会(JPEA)がまとめたデータによると、日本における太陽電池モジュールの2015年度第2四半期(7~9月)の出荷量は、前年同期と比較して23%減少した。減少率が大きかったこともさることながら、14%減だった4~6月期に比べて減少幅が拡大したことが気になるところだ。

2016年の市場:鍵は買取価格と優遇税制

2014年の導入量は過去最大で900万kW以上。2015年は、固定価格買取制度(FIT)開始から3年間の「優遇期間」が終わって買い取り価格が27円まで下がった(7月以降)こともあり、多少の減少は想定通りだ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報