クローズアップ・マーケット

「テスラ信仰」に陰り?-EVトップランナーの正念場

  • 印刷
  • 共有

これまで何度もコメントしてきたように、日米とも電気自動車(EV)の売れ行きが不調である。そんな中、一人気を吐くのがアメリカのテスラ・モーターズ。EV業界の希望の星である。そのテスラが最近変調をきたしている。今後の推移によってはEV業界全体にとって由々しき事態に発展する可能性もある。

半年で株価5倍!

テスラは2010年6月にアメリカ、ナスダック市場に上場した。その時の価格(IPO価格)は17ドルであったが、その後、徐々に上げ、今年3月ごろには40ドル程度の水準にあった。それが、4月から上昇基調に転じ、かなり激しいアップダウンを繰り返したものの、9月30日には一時194.5ドルの上場来最高値をつけた(その日の終値は193.37ドル)。半年で実に5倍近い値上がりである。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報