クローズアップ・マーケット

ソーラーブームの次に来るもの (2)小水力はベースロード電源

前号(2014年3月10日号)では、小型風力について考察したが、実は、筆者が太陽光の次に注目する再エネは小水力だ。

小水力発電の規模に関する明確な定義はないが、2012年7月施行の再生エネルギー固定価格買取制度では、30MW(3万kW) 未満の出力のものを中小水力発電と呼び、制度の対象とした。具体的には、1~30MW24円、200kW~1MW29円、200kW未満が34円である。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報