クローズアップ・マーケット

グリーン投資減税、50kW未満もOK

ブーム真っ只中にある太陽光発電は、年度末を迎え更にヒートアップしている。新年度からは買取価格が2年連続で下がると予想されているため、設置業者はその前に何とか設備認定を取ろうとして殺気立っている。

また、個人にとっても、2月、3月は、確定申告の時期でもあり、昨年太陽光発電を開始した人たちは、その申告準備で忙しい。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報