クローズアップ・マーケット

原発時代 終わりの始まり

  • 印刷
  • 共有

6月1日午後、九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)などの再稼働に反対する抗議集会が、東京・永田町の国会正門前などで開かれた。脱原発を訴え抗議活動をしている原発立地自治体の市民運動代表者や著名人、国会議員や地方議員ら約30人が登壇。原発の再稼働反対を訴えた。

これだけなら「いつもの反対集会」だが、今回は特別な意味をもっている。その背景に、福井地裁による「歴史的な判決」があるからだ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報